ヘッダーイメージ
ホーム > オフィスチェアの豆知識 > 腰痛予防に効果的と言われている座り方
ピックアップポイント


腰痛予防に効果的と言われている椅子の座り方

昨今では生活様式の急速な変化により腰痛に悩む人が増えているそうです。
椅子の座り方にも腰痛の原因があり、座り方一つで腰痛のリスクを抑える事が出来ます。 腰痛に悩める人のみならず、今後腰痛にならないようにするための、腰痛予防に効果的と言われている座り方をご紹介します。

■腰痛が起こる原因

人は自然に座っている状態でも無意識に腰回りの筋肉を使っています。正しい姿勢であればそれら筋肉はしっかりと働き、腰痛を防止する効果を表します。
しかしながら体にとって良くない姿勢を長時間続けると、無駄なエネルギーを消費することになり、腰回りの筋肉は疲労してしまいます。その繰り返しが筋肉を弱らせ、いずれは腰への負担を増加させます。このような腰への過重な負担が神経を傷つけ腰痛を招くことがあります。


■腰痛を予防する正しい座り方

ここからは腰への負担がかかりにくい、Bauhutte® が推奨する理想的な座り方について大切なポイントを挙げて説明します。
普段から腰痛になりやすい人は椅子の座り方には特に気を付け、正しい座り方を習慣づけて腰痛を予防していきましょう。


■理想的な姿勢をサポートするコンパクトクッション

椅子の背もたれに固定できるコンパクトクッションが、腰への負担を緩和する理想的な着座姿勢をサポート。 より快適なチェアライフをお楽しみいただくための、コンパクトなチェアグッズです。腰痛対策としてもご使用になれます。

正しくない座り方
Bauhutteランバーサポート BLS-01/BLS-02-MF製品ページはこちら


1.座面の浅すぎない位置に座り、前かがみになったり、ふんぞり返ったりしない。

座りが浅いと無意識に前かがみになりやすく安定した姿勢を取ることができません。
また座りが浅いと、ふんぞり返ってキーボードをたたいてしまったたりし、本人も気づかないうちに、背中が丸まったり、腰が曲がったりしています。
背中を丸めると腰痛のみならず肩こりを引き起こしやすくなります。 座面の奥の方までしっかりと腰かけ、座っている状態でよく使うもの(例えばキーボードやマウス)をできるだけ自分の元に引き寄せ背筋を伸ばすように意識しましょう。

正しくない座り方
2.骨盤を固定させる。

腰痛を予防するには骨盤を固定することが重要です。座り位置は骨盤と背骨が直角になる位置が良いと言われます。椅子の背もたれが、尾てい骨のやや上部があたる位置に腰を下ろすと自然に直角の姿勢になり、骨盤を固定させることができます。
特に一日の多くの時間を椅子に座って過ごされる方の場合は腰痛予防として、椅子に座った時、背中(腰)が軽く背もたれに当たり、膝裏が座面の先端に当たらない深さの座面を選ぶとよいでしょう。
Bauhutte®では、下記の通り、座面が浅めに設計されているオフィスチェアをご用意しています。

骨盤を固定させる

また、下記Bauhutte®製品は、背部にもたれた時、骨盤(腰)をやさしくサポートするよう設計された独自のカーブを描いているのが特徴です。


腰への負担を和らげる機能としてランバーサポートがあげられます。
Bauhutte®オフィスチェアの中でランバーサポートが付いたオフィスチェアは下記の通りです。


3.かかとを床に完全につける。

かかとを床に完全につけて座り、膝の位置は股関節と平行になるか、もしくは少し上がるくらいにします。膝の間にはこぶしが一つ入る程度の隙間をあけ、ゆったりとした姿勢を保ちましょう。
下記の製品は、座面高が低めに設計されているBauhutte®製品です。

※床から座部中央部までの最低寸法が400mm以下の製品です。
寸法の詳細は、各製品ページでご確認ください。



※当社のTIP「机の高さと椅子の座面の関係(差尺)について」を参考に椅子をお選びになった際、脚がぺったりと床に着かない場合があります。その場合は、クッションなどの上に足を置き、膝の角度を90°程度に保つようにするのもよいでしょう。






4.リラックスした状態をつくる。

リラックスした状態で座ることも大切です。緊張した状態で座り続けると、身体には疲労が溜まります。たまに背伸びや首を回したりして体をほぐし、リクライニングがあればしっかり活用してリラックスすることも大事です。

下記の製品はリクライニング機能つきのハイバックチェアです。 体をしっかりと包み込み、リクライニングすることでリラックスした状態をつくりだします。



正しい座り方

正しい座り方


ボタン