Bauhutteで働く - 最高のゲーム環境をプロデュースしよう
目次

ブランドコンセプト

機能性と拡張性が武器の『ゲーミング家具』ブランド

Bauhutte(バウヒュッテ)は、最高のゲーム環境を家具の視点からプロデュースする『ゲーミング家具』ブランドです。Bauhutteの強みは、機能性と拡張性。実用的な機能を持つアイテムを自由に組み合わせ、理想のゲーム環境を作り込むことができます。コアユーザー層は、20代の若いゲーマー。進学や就職を機に、本格的にゲーム部屋づくりに取り組みたいと考える人々が多くを占めます。

参考までに、ハイレベルなゲーム環境づくりを実践しているユーザー様を2名ご紹介します。

ユーザーズデスク
当社ユーザー らてsi(@LL_FF14) 様のデスク事例

ユーザーズデスク
当社ユーザー 源太郎@自作PC(@NasUviPC_Gen) 様のデスク事例

『デスク秘密基地化計画』

2017年の初頭から、『デスク秘密基地化計画』とスローガンを掲げ、計画的にデスクまわりの環境を作りこんでいく楽しさを発信し続けています。WEB、カタログ、イベントなどさまざまな媒体で多角的に展開しています。Bauhutteの本質はここにあって、『理想のデスクを思い描く』その時間を楽しんでもらえるブランドを目指しています。ひとつひとつ家具がそろい、ときには軌道修正しながら、自分だけのゲーム環境を作り上げていく。そのプロセス全体を楽しく、夢のあるものにプロデュースするのが僕たちの仕事です。

デスク秘密基地化計画の公式ページはこちら
『デスク秘密基地化計画』

製品開発コンセプト

ものづくりで終わってはいけない

僕自身も経験があることなのですが、いざ部屋づくりを始めようとしたとき、何から手をつけていいのか分からなくなってしまうことがよくあるんですね。Bauhutteの家具は拡張しやすい(=部屋づくりに向いている)と書きましたが、実際のところそれだけでは『どうやって部屋を作ればいい?』問題は解消されません。ものを作るだけでは不十分なんです。ではどうすれば良いのでしょうか。

コンセプトファーストの家具づくり

Bauhutteのものづくりは、まず『自分がどんな環境でゲームをしたいか』を空想するところから始まります。例えば『寝ながらずっとゲームがしたい』と思ったとします(僕は切実にそう思います)。そうしたら、それを実現できるのはどういった環境なのか、と考えを進めていきます。仮に、次の画像のようなデスク環境がおぼろげにイメージできたとします。

まずはコンセプトを想像するところから

まずはコンセプトを想像するところから

そこから、このデスクセットを実現するにはどんな家具が必要なのか、と、ひとつひとつの製品に目線を落としていきます。机があり、椅子があり、キーボード置きがあり…椅子はリクライニングした方がいいな、ディスプレイは大きく前方にせり出させて…、サイドデスクがあるとマウス操作がしやすいぞ、などという具合に、各製品の機能や特徴をプランニングしていきます。製品ありきではなく、最終的にどんな環境が欲しいのか、で始まるコンセプトファーストの考え方。どんなモノを作るかはコンセプト次第。これがBauhutteのものづくりの基本です。

RPG風に考えれば分かりやすい

RPG(ロールプレイングゲーム)の定番として、物理攻撃に強いキャラはたいてい魔法は使えない、というものがあります。物理100点、魔法0点。でも、それに文句はありませんよね。戦い方が実に明確。最前線でバシバシ叩きたい人は迷わず物理キャラを選べばいいんです。コンセプトファーストで生まれた家具も同じです。彼らは、最終的にこういうデスクが組めるんだ、という明快な目的地を持っています。『どんな人でも使えます、使い方はあなた次第です』といったぼんやりした言葉ではなく、『こういうデスクを組みたいあなたは是非これを使ってください!』と、伝えるべき相手に、伝えるべきメッセージをピンポイントで発信することができるのです。ズバっと言い切ってもらった方が、言われる側(お客様サイド)も頼もしいですし、『どうやって部屋を作ればいい?』問題も解決しますよね。自分の理想に近いコンセプト(目的地)を参考に家具を選べばいいんです。

RPGのキャラクター風に、コンセプトを分かりやすく、ズバッと伝える。

ズバっと言い切る

求める人物像

すべての職種で必要になることです。

  • ① ゲーム、家具(デスクづくり)、Bauhutteが好きだ
  • ② 一人っきりでも、勉強して成長できる自信がある
  • ③ 人よりも、運や才能や経験に恵まれている自信がある

募集職種

大きく分けて4つの職種で募集しています。Bauhutteでは、少ない人数で多くの商品をマネジメントするため、職種の枠を超えて活躍できる視野の広さや責任感ある方を求めています。
※販売中の商品・・・約100(月3~5件の新製品をリリースします)

  • ① 商品企画

    デスクまわりを中心としたゲーミング家具の新製品、それに伴うプロモーションを企画する職種です。兄弟ブランドBIBILAB(ビビラボ)の商品企画に携わることもあります。

    募集要項を詳しく見る

  • ② 商品開発

    企画担当が作成した商品プランに沿って、新商品を形にしていく職種です。海外の展示会や生産工場を訪問することもあり、語学力やコミュニケーション能力が求められます。

    募集要項を詳しく見る

  • ③ 営業企画

    Bauhutteの取扱い店舗を増やしたり、販売店と協力して販促企画を実施していく職種です。従来型の外回り営業ではなく、頭を使って売れる仕組みを考える企画型営業です。

    募集要項を詳しく見る

  • ④ WEB制作

    Bauhutteのセールスやプロモーションの8割以上はインターネットで行います。制作担当は、画像や動画や文章を駆使し、WEBでのブランド発信をリードしていく職種です。

    募集要項を詳しく見る

新商品ができるまで

商品開発を例に取り、各担当の間でどのように仕事が流れていくのかまとめてみます。

実際には、ここに書ききれないほど多数の仕事がありますし、営業が商品コンセプトの立案に関わるなど、担当の枠を超えた柔軟な協力体制を敷くこともあります。あくまで分かりやすさ優先でデフォルメしたリストだと思ってください。
※広報係は総務部管轄です

  • 新商品ができるまで
  • 新商品ができるまで

職種別、主な業務

商品企画

新商品企画

新商品企画

デスクまわりを中心としたゲーミング家具の新商品を企画します。ただ商品を作るだけでなく、トータルしていかに快適なゲーム環境をプロデュースしていくか、どんなプロモーションが効果的か、幅広い視野で考えることが大切です。

  • PR企画

    PR企画

    Bauhutteでは、広告にはお金を使わず、アイデアとコネクションでメディアに商品を取材してもらう広報戦略(PR)に取り組んでいます。節約した広告費は新製品の研究開発費に回し、より魅力的な商品づくりにつながっていきます。
    メディア掲載情報

  • ツイッター運営

    ツイッター運営

    バウたん、ヒュッたん、Pの3人は企画チーム所属です。ユーザーとコミュニケーションしながら、新商品やPRにつながる潜在ニーズを感じ取っていくのもツイッターの大事な仕事です。
    公式ツイッターへ

商品開発

商品開発

商品開発

企画から上がってきた新商品を形にする仕事です。構造設計や求められる品質レベルとコストを勘案し、生産に最適な工場を選んでサンプル作成から量産、コストとスケジュール管理を行います。業務が多岐に渡るため、幅広い能力が求められます。

  • 海外出張

    海外出張

    海外の展示会、海外の協力工場に年に数回出張し、新商品開発や品質向上に努めます。出張先として多いのは中国、台湾、香港です。語学力(英語/中国語)や段取りの良さ、習慣の異なる土地でも普段どおりに行動できる安定感が求められます。

  • 検品

    検品

    入荷した商品やサンプルの検品作業はほぼ毎週行われます。開発担当や新入社員が中心となり、一回につき1~2時間、商品を組立てたり、解体したりしながら、商品に問題がないかチェックしていきます。

営業企画

販売店への導入

販売店への導入

ビックカメラ、ヨドバシカメラ、アマゾンなどなど、大手量販店を含む販売店へ製品を提案・導入していきます。ただ商品を扱ってもらうだけではなく、どう展示すればブランドの魅力が伝わるのか、お店サイドに積極的に提案していきます。

  • イベント出展

    イベント出展

    TGSの場合、企画~下準備に約3ヶ月間。本番は設営日も含め5日間。幕張メッセでブースを運営します。表から見ると華やかなイベント出展ですが、商品知識に加え、体力と精神力、柔軟なコミュニケーション能力が求められる高度なお仕事です。
    TGS用公式ページへ

  • 在庫管理

    在庫管理

    毎週売上を確認しながら3~4ヶ月先の在庫計画を立てます。売るものがなけれな売れない、在庫が余ってしまってもリスクになる。地味ですが重要な仕事です。数字を正確に把握する能力や、戦略的に先々のことを考える思考力が求められます。

WEB制作

商品撮影

商品撮影

製品ページの草案を元に、製品のアピールポイント、機能等を撮影し画像を作成します。ネット販売では、購入検討している方に訴求する画像が非常に重要となるので売上に直結する仕事であるとも言えます。

  • コンテンツ制作

    コンテンツ制作

    コンテンツページ作成は、ブランドを知らない人が、ブランドサイトへ自然流入してもらえるように、そのページで使う言葉や文章構成、文字数等を考えながら、ユーザーにとって良質なページを作成します。
    コンテンツ一覧へ

  • DTP

    DTP

    東京ゲームショウなど大型イベント出展時では来場者にカタログを配布します。ただ商品画像を掲載するだけでなく、Bauhutteのブランドコンセプトが最大限に伝わるよう、撮影や編集作業を行います。

労働環境について

学生のみなさんがよく気にされている、労働環境について少しご紹介します。
※残業の少なさや休みの多さを目的にエントリーされても不合格となります。Bauhutteのために活かせる経験やスキルをアピールしてください。

残業はほとんどありません

弊社は18時が定時ですが、たいていの場合18時30分にはオフィスは真っ暗です。「上司が終わるまで部下は帰れない」「会社からサービス残業を強いられた」このような理不尽な要求はありません。ただし、残業がない=仕事量が少ない、楽にこなせる、というわけでもありません。しっかりと計画を立て、限られた時間で多くの業務をこなしていくスキルが求められます。

有給はほぼ申請通りに取得できます

入社後半年で有給が取得できるようになります。僕は某国民的RPGや某有名狩りゲームの発売に合わせて“ゲーミング休暇”を作ったりと、ゲーム用に消費することが多いですね。その他、実家に帰省する人、海外旅行に出かける人などなど、さまざまな理由で有給休暇を活用しています。

ときどき社外イベントがあります(自由参加)

気の合うメンバーで休日に遊びに行ったり、期の終わりや新入社員配属に合わせて打ち上げに行ったりと、ときどき社外イベントがあります。もちろん自由参加なのですが、基本的にBauhutteチームの参加率は高いです。

最後に

子供の遊びを大人の知恵で

僕は子供のころから、自分だけの空間を作ることが大好きでした。押入れの中に始まり、ベッドの下、コタツの中、ダンボール要塞と、いろいろな場所を秘密基地化して遊んでいました。今、Bauhutteでやっていることは、子供の頃にやっていたことと同じです。二十数年経過した今も、大人の知恵と技術で子供の遊びを続けているだけなんです。周囲のことはあんまり考えていません。競争相手のことも、業界のことも、お客様のニーズすら無視することがあります。まずは自分たちだけでハイレベルな家具遊びを楽しんで、気に入ったものを世の中に紹介する。同じように気に入ってもらえれば幸い。そんな感じの力加減で仕事を楽しんでいます。

エントリーされる方へ

「子供の遊びをまだ続けている」「自分たちが楽しむことから始めている」こんな風にお話をすると、「それなら自分にもできそうです!」と仰る方がよくいます(誰でも簡単にマネできると勘違いされるようです)。ですが、そんなにハードルは低くないです。子供は人の教えを待ちません。放っておいても勝手に学び、成長し、自ら新しい遊びをつぎつぎと発明していきます。失敗しても叱られてもくじけず、翌日にはまた新しいことにチャレンジし始めます。そんな、“本物の”子供のバイタリティがあなたにありますか?

もし、自信を持って「ある」と言える方はぜひエントリーしてください。お会いできるのを楽しみにしています。

エントリーの流れ

すぐにエントリーする

  • ※運営元のビーズ株式会社の採用ページに遷移します
  • ※本ページの効果測定のため、エントリーシートに「Bauhutteの募集ページを見た」と書いてもらえると幸いです
  • ※適正を考慮し、Bauhutteブランド/希望職種以外での採用、または配属後に配置転換を行う場合があります