BHP-K70/K1000

後付けキーボードスライダー

後付けキーボードスライダー

今あるデスクにとりつけて使うことができる
大型のキーボードスライダー。
4点固定による、高い安定性が特徴です。
横幅約700と1000mmの2サイズ展開。

購入

Gallery
Function

コンセプト

今あるデスクに傷をつけることなく取り付けられる
大型のキーボードスライダーです。
4点をがっちりと固定することで、高い安定性を実現しました。

PC環境や用途に合わせて選べる2サイズ展開。
※詳細は「Size」をご参照ください。

<通常版>天板幅 約700mm
キーボードの設置箇所をデスク天板の下にすることで、
広々とした作業スペースを確保します。

<ワイド版>天板幅 約1000mm
DTM用MIDIキーボードなど幅を取るデバイスも
余裕をもって設置することが可能です。
※BHP-K1000はBHD-1200Mのみに取り付けできます。BHD-1000Mには適合しません。

機能まとめ

機能まとめ 機能まとめ

2サイズ展開

一般的なキーボードの設置に最適な通常版(BHP-K70)と、
MIDIキーボードなど幅広なデバイスの設置にも対応するワイド版(BHP-K1000)の2サイズ展開。

2サイズ展開

製品の仕様

4点固定による、ばつぐんの安定性

「キーボード操作時にがたつきのない製品が欲しい」
というユーザーの声にお答えして、
安定性に徹底的にこだわった設計を行いました。
合計4点でキーボードスライダーを固定することで、
高い安定性を確保しています。

動画で確認する

4点固定による、ばつぐんの安定性
デスクに傷をつけないで設置

デスクを挟み込むタイプのクランプ式を採用しているため、
デスクにネジ穴を空けずに固定ができます。

設置と取り外しが簡単なだけでなく、
オフィスで使用しているデスクなどにも
自由にキーボードスライダーを取り付けることができます。
※取り付け可能なデスクの厚みは1.0cm~4.5㎝になります。

デスクに傷をつけないで設置
奥行き40cm~70cmのデスクに対応

下記の奥行きのデスクに設置することができます。
※対応する奥行きが40cm~70cmとなっておりますが、5cm刻みでの設定になっておりますのでご注意ください。
※奥行きが下記に該当しないデスクには取り付けができませんのでご注意ください。

奥行き40~70㎝のデスクに対応
キーボード+マウスを設置できるたっぷり収納

キーボードを設置しても、マウスの操作面積を広く確保できる大型設計。
マウスを大きく動かすローセンシ派の方には、よりスペースに余裕のあるワイド版がおすすめです。
※ご購入前に設置するキーボードのサイズを確認してください。

キーボード+マウスを設置できるたっぷり収納
3段階の高さ調整(K1000のみ)

スライダーの天板は、取り付け位置を上下に3段階で調整することが可能です。
厚み(高さ)のあるデバイスも、引っかかることなくデスク下に収納できます。
※収納するデバイスの厚み(高さ)を事前にご確認ください。

3段階の高さ調整(K1000のみ)
天板面積アップ

キーボードスライダーの天板部分は、
横69.5cm/縦30cm。面積にして2,085c㎡。
Bauhutte最大サイズである横120cm/縦55cmのデスク(BHD-1200M
と比べると、約31%の面積となり、キーボードスライダーを設置する
ことで作業領域を1.3倍に広げられる計算となります。

天板面積アップ

ワイド版(BHP-K1000)では、作業領域を1.4倍に広げることができます。

天板面積アップ
省スペース化に

スライダー式なので、使用していないときはデスク下に
コンパクトに収納しておくことができます。
狭い部屋でもコンパクトな設置面積と
デスクの広い作業スペースの
両方を同時に実現することが可能です。

デスク下のデッドスペースをもっと有効活用したいあなたはコチラ。
「デッドスペースを完全攻略!デスク周りが驚くほど片付くデスク下収納のススメ」

デスク上を整理したいあなたはコチラ。
「卓上収納に革命!3つの後付アイテムを使ったデスク整理術はコレ!」

省スペース化に
落下防止バー

キーボードとマウスの落下防止バーを設置しました。
スライダーを引き出し・収納する際、
キーボードが落下して破損することを防ぎます。

落下防止バー
耐荷重
デスクと同じ質感
デスクと同じ質感

Bauhutteのデスクシリーズと同じ天板の質感に仕上げていますので、
統一感のあるコーディネートが可能です。

ざらざらとしているので書き物には向きません。

デスクと同じ質感

おすすめの使い方

液タブ利用に(絵描きの方に)

液タブ(ペンタブ)を天板に置いていると、キーボードの置き場に困ります。
キーボードスライダーを使えば、
液タブを使用している天板の下にキーボードを収納し、
使いたいときだけ引き出して使用することができます。

液タブ利用に(絵描きの方に)
資料を広げながら作業をするとき

デスクの天板いっぱいに資料を広げて作業が必要な方に。
資料の確認・メモ書きとキーボード操作を並行して快適に行うことができます。

資料を広げながら作業をするとき
DTMに

MIDIキーボードとPCキーボードを併用したい場合に便利です。
通常版では、MIDIキーボードを奥に、手前にPCキーボード。
ワイド版では、手前にMIDIキーボードを設置することも可能です。
デバイスの使用頻度に応じて使い分けてください。

DTMデスク環境の作り方はこちら
参照:DTMデスクはこう作る!作業スペースを拡張する後付けアイテム5選

DTMに DTMに
ゲーミングチェアと

ゲーミングチェアの肘掛けと高さを合わせて設置することで、
自然な姿勢でのキーボード操作が可能です。

ゲーミングチェアと

マウスの操作範囲が広いプレイスタイルのゲーマーには、
余裕のあるスペースで思いのままに操作できるワイド版がおすすめです。

ゲーミングチェアと
寝ながらゲーム

Bauhutteで提案している「寝ながらゲーム」の環境を作るためにも
キーボードスライダーは重要なアイテムの一つです。
リクライニング姿勢でもキーボードを手前に引き出して使うことができます。

「寝ながらゲーム」ができるデスク環境の作り方はこちら
参照:寝ながらパソコンができるデスクを予算10万円で構築する術

寝たままゲーム
ソファで

キーボードを引き出して手前にもってくることができるので、
後ろのもたれかかるソファでキーボードを使用したいときにおすすめです。

詳しくは下記ページもご参照ください。
参照:ソファサイドテーブルでパソコンを使いたい

ソファで

作業環境のつくり方

作業環境をつくるときに大切なこと

デスクで絵描きや書き物をする方が作業環境を考える際に大切なことは
①目からモニターまでの距離と②作業天板の高さの2点になります。
これら2点を意識することで、正しい姿勢を保ち、
腰痛や肩こりのリスクや目の疲れを軽減することが期待できます。

作業環境をつくるときに大切なこと
目からモニターまでの距離

目からモニターまでの距離が近いと目の疲れや肩こりの原因となります。
目からモニターまでの距離は最低でも40㎝を確保するようにしましょう。

距離をとるためには奥行きのあるデスクを選ぶ必要があります。
しかし、「部屋が狭くて大きなデスクを設置するのが難しい」
「現在のデスクをそのまま利用したい」場合は
キーボードスライダーの活用をおすすめします。

キーボードスライダーを設置することで、
実質的にデスクの奥行きを20cm-25㎝程度延長することができ、
モニターから十分な距離をとることを手助けします。

目からモニターまでの距離
作業天板の高さについて

デスクの天板について、身長によって適切な高さが異なりますので、
自分にあった高さに調節して設定することが理想です。

天板の高さを調節できる昇降式PCデスクとキーボードスライダーを
併用して作業環境をつくることをおすすめしております。
自分の身長に合わないデスクで長時間作業を行うと姿勢が悪くなり、
猫背やストレートネックなどのデスクワーク病の
原因となる場合があります。

机の高さと正しい姿勢について詳しく知りたい方は下記を参照してください。
参照:腰痛対策 正しい椅子の座り方

作業天板の高さについて
書き物(絵描き)とキーボード操作の高さ

キーボード操作を行う場合、書き物をする場合よりも5㎝程度低い位置に
天板の高さを設定することが理想的です。
参照:机の高さと椅子の座面の高さの関連性

キーボードスライダーを設置することで、自然にキーボードを操作するスライダー部分の高さを
書き物をする天板より低い位置に配置することができます。

※スライダーを使用しても、設計上若干の誤差がでてしまいます。
昇降式のデスクを使用している場合、書き物の高さとキーボード操作の高さ、
どちらかメインで使用する方に最適な高さを合わせることをおすすめしています。

書き物(絵描き)とキーボード操作の高さ
チェックポイント

最後に下記の3つのポイントが正しく設定されているか確認してみましょう。

  • 1.モニターから目まで十分な距離があるか(40㎝以上)
  • 2.書き作業をする天板の高さは正しいか
  • 3.キーボード作業をする天板の高さは正しいか
チェックポイント

おすすめアイテム/アンケート結果

収納力をアップさせるアイテム

Bauhutteの昇降式L字デスク(BHD-670)やデスクラック(BHS-1000/1200
と併せて使用することでさらに収納力と天板面積をアップすることができます。
またデスクラックは同じクランプ式を採用していますが、
キーボードスライダーと干渉しない幅に設計しているので、
同時に設置することが可能です。

下記ページでは、ゲーム機や関連機材を綺麗にすっきり収納するアイデアを紹介しています。
参照:ゲーム機の収納アイデア4選

収納力をアップさせるアイテム
キーボードスライダー派はどのくらいいる?

キーボードスライダーを使って作業をしたい、キーボードスライダー派の人はどのくらいいるのでしょうか?
弊社(Bauhutte.jp)でウェブアンケート調査を行い調べてみました。

結果、キーボードスライダーが「あったほうがいい」と回答した方は全体の51.2%いました。
逆に「なくてもいい」というユーザーが半数近くいるという結果になります。

弊社でも当初使用に乗り気でなかったスタッフにキーボードスライダーを支給したところ、
貸出終了時点で8割(5名中4名)のスタッフから「手放したくない」
「キーボードスライダーなしでの業務に戻りたくない」といった意見が上がりました。

特に貿易業務を担当していスタッフから強い要望があったことが印象的でした。
紙の書類を多く取り扱うため、「天板が広く使えて便利」
「書類への書き込み・書類の精査とキーボード操作が同時に行える」とのことでした。

そもそもキーボードスライダー付きのデスクというものが少ないので、
その利便性に気づいていない人の方が多いのかもしれません。

キーボードスライダー派はどのくらいいる?

取り付け対応デスクについて

Bauhutteの対応シリーズ
設置のできないデスク

キーボードスライダーの設置はBauhutte製品を推奨しています。
他社製デスクへ設置をする場合は以下の注意点と寸法図を
十分にご確認いただいた上、自己責任で行ってください。

◯後ろに壁のあるもの
デスクの背面に壁があるタイプのデスクには設置ができません。
背面側の2箇所のクランプとパイプが壁と干渉して固定することができないためです。

◯補強バーが干渉する場所にあるもの
デスク下(デスクの裏面)に補強バーがある場合、補強バーがパイプ
と干渉する位置にないかご確認ください。

◯クランプ設置部分の天板形状が並行でないもの
クランプ設置部分の天板が並行でないものには設置ができません。

例えば、下記のような場合があります。

  • ・天板の背面側が配線を通すために凹凸のある形状になっている
  • ・座る位置に沿って、天板の手前側が変形しているデザインのもの
設置手順

BHD-1000/1200、BGD-1200への設置を行う際、下記の設置手順で行ってください。

※取扱説明書p5で「■BHD-1000/1200などへの設置手順」と表記されていますが、BGD-1200も同じ設置手順で行ってください。
p4の設置手順だとクランプが干渉して取り付けを行うことができません。

  • 設置手順

    ① 固定バーに固定しているクランプのネジを緩め、クランプを取り外します。

  • 設置手順

    ② デスクの手前側にスライドバーのクランプを挟み、クランプネジを軽く締めて仮止めします。

  • 設置手順

    ③ 固定バーに①で取り外したクランプを取り付け直し、全てのクランプネジを締め、しっかりとデスクに固定します。最後に全てのネジを増し締めし、ガタツキがないかを確認したら取り付け完了です。

Spec
カラー
BK:ブラック
WH:ホワイト
寸法
BHP-K70:幅 841mm × 奥行406mm(406~706mm) × 高さ114mm
BHP-K1000:幅 1150mm × 奥行405mm(405~705mm) × 高さ150mm
重量
BHP-K70:4.55kg
BHP-K1000:5.30kg
耐荷重
BHP-K70:8kg未満
BHP-K1000:10kg未満
希望小売価格
オープン価格
JANコード
BHP-K70-BK:4589946138245
BHP-K70-WH:4589946138252
BHP-K1000:4589946141184
カートン入数
BHP-K70:4
BHP-K1000:2
梱包サイズ
BHP-K70:W327 × D764 × H76mm 約0.7才
BHP-K1000:W76 × D327 × H1070mm 約1.0才
梱包重量
BHP-K70:5.25kg
BHP-K1000:6.1kg
甲鈑の表面材
合成樹脂化粧繊維板(塩化ビニル樹脂)
表面加工
エポキシ粉体塗装

Size

※一部製品に貼付されている品質表示ラベルの表記と当寸法図のサイズに相違あるものがございますが、当製品ページに掲載されているものがより正しい数値となります。
※表記サイズは規定値です。組み立て方や個体により若干の誤差があります。