視力回復で眼の疲れが軽減する!?
知らなきゃ損する5つの視力回復法

視力回復で眼の疲れが軽減する!?知らなきゃ損する5つの視力回復法

視力の悪い方にとって、視力回復は切なる願い。

この記事にたどり着いたあなたも、視力低下に悩まれているのではないでしょうか?

視力が回復することで、メガネやコンタクトレンズを使うことなくクリアな視界が広がります。また、ゲームやスポーツなどをするときに視力が良いほうが圧倒的に有利です。車を運転をする方の視力が低いと、標識を見逃したり車の距離感が認識しづらかったりと、安全面にも問題が出てきます。

ゲームや仕事でPCやスマホを長時間使用し、眼を酷使することで眼が疲れてしまいますが、その眼の疲れは視力とも直結していると言われています。 一体どういうことなのでしょうか。

このページでは、まず眼がものを見る仕組みを解説し、次に視力が低下する理由、その後「正視」「近視」「遠視」「乱視」の違いを説明し、最後に、視力が回復する6つの方法を紹介しています。

[動画]デスクでできる簡単ツボ押し3選

ゲーミング整体でもおなじみ「鳴尾ぴっと骨盤整体院」の影山先生が、30秒で実践できるツボの推し方を解説します。ゲーム中のちょっとした空き時間に是非取り入れてみてください。

ゲーマー1,000人のお悩み第1位、「目の疲れ」

バウヒュッテが約1,000人のゲーマーに対して実施したアンケート調査では、「(PCゲームなど)デスクワークの弊害」として「目の疲れ」をあげた人が約半数を占めるという結果となりました。

  • ▼デスクワークの弊害(複数回答可)

    デスクワークの弊害(複数回答可)
    ※「バウヒュッテ国勢調査」(回答数971件)、2018年4月~2019年5月、インターネットアンケート

確かに、長時間のゲームやPCを使ったデスクワークは、眼を酷使するため眼が疲れるのは必然です。しかし、実はその目の疲れは、あなたの視力が低下していることが原因なのかもしれないのです。

視力が低下した眼は、眼が良い人(視力の良い人)のものと比較すると、焦点を合わすためのピント調整がなかなかうまく行かず、対象物に焦点をあわせるために何度も調整を繰り返し、そのうち眼が疲れてしまうのです。

つまり、少しでも視力が回復出来るのであれば、その分目の疲れも軽減される可能性があるのです。

そもそも眼がものを見る仕組みとは?

私達人間が眼を使ってものを見る仕組みはどういうものなのでしょうか。

実は、眼はカメラとよく似た構造になっていて、カメラに例えることでわかりやすく理解することが出来ると言われています。

人間の眼の「水晶体」、「網膜(黄斑)」は、それぞれカメラの「レンズ」、「フィルム」に相当しているのです。

見る仕組み

私達がものを見る時、そのものの形や色が光として取り込まれ、角膜や水晶体(レンズ)でその光が屈折し網膜上の黄斑に光が集まり、焦点が合います。そうすると、網膜にそのものの画像がはっきりと映し出されます。

そして、その映し出された画像の情報を脳に送り込むことで、はっきりものが見えていると感じることができるのです。

私達は、毎日目を開き普通に生活しています。とても興味深いですね。

なんで視力が低下するの?

それではなぜ視力が低下してしまうのでしょうか。

その原因は人それぞれですが、大きく6つに分けることができます。

  • 視力低下の原因:①ゲームやPC、スマホなどでの眼の酷使

    視力低下の原因:①ゲームやPC、スマホなどでの眼の酷使

    視力低下の原因としてよく言われる、ゲームやPC、スマホなどでの眼の酷使。

    これは、長時間近い距離を見続けることで、眼の筋肉に負担がかかり、その結果、眼精疲労が溜まり視力の低下につながってしまうのです。

    また、近くのものを見続けていると、脳が近くのものを見やすい眼にしようと誤作動を起こし、眼の構造を変えてしまうとも言われています。

  • 視力低下の原因:②姿勢が悪い

    視力低下の原因:②姿勢が悪い

    姿勢が悪いと視力が低下する、といわれてもピンとこないかもしれません。

    姿勢が悪い状態で、ゲームやパソコン作業、スマホを見た場合、背筋を伸ばしたきれいな姿勢と比較すると、眼のピントをあわせる筋肉にかかる負担が何倍にもなると言われています。そのため、姿勢が悪いと視力低下につながってしまうのです。

    また、眼は多くの酸素を必要としています。首がしっかりと伸びていない姿勢は気動を狭め、背筋の伸びていない丸まった背中は、肺を圧迫し、酸素を多く吸い込めない体勢だと言えます。

    「正しい姿勢」を詳しく知りたい方は、下記記事も合わせてご覧ください。

    この2つの記事は、「正しい姿勢」を知る上で必要なポイントを押さえた内容になっています。

    腰痛対策正しい椅子の座り方

    腰痛対策正しい椅子の座り方

    この記事を見る
    正しい着座姿勢に欠かせないもの

    正しい着座姿勢に欠かせないもの

    この記事を見る
  • 視力低下の原因:③ストレス

    視力低下の原因:③ストレス

    ストレスはありとあらゆる身体的の異常を誘発します。

    ストレスから来るといわれる視野異常「心因性視力障害」は、思春期に入った子どもに多く見られ、視神経や網膜等の検査をしても異常が見つからないことが多いと言われています。

    この場合、学校や家庭で心の悩みを抱えていることがあり、それがストレスとなり視力障害となって現れているのです。心理面が大きく関係しており、得意な教科の黒板やテストの場合はよく見えるのに、苦手な教科は見えにくくなるなど、症状は様々です。

  • 視力低下の原因:④呼吸が浅い

    視力低下の原因:④呼吸が浅い

    ゲーム中や、PCで仕事をしている人に多く見られる浅い呼吸。

    誰とも話さず、モニターを凝視した集中状態でいると、必然的に息をする回数が減り、呼吸が浅くなります。

    前述したように、眼は多くの酸素を必要としています。呼吸が浅い状態でいると、眼の細胞が酸欠状態となり動きが鈍化し、周りの筋肉の伸縮性がなくなります。そうすると、ピントを調整する機能が低下して、視力が落ちてしまうのです。また、仕事や人間関係等のストレスが影響し、習慣的に呼吸が浅くなっている場合も多いと言われています。

  • 視力低下の原因:⑤コンタクトレンズやメガネの度数が合っていない

    視力低下の原因:⑤コンタクトレンズやメガネの度数が合っていない

    自分の眼に合わないコンタクトレンズやメガネを使い続けると、眼がピントを合わせられなくなると言われています。

    どういうことかと言うと、眼は、水晶体に光が通る際、その周りの筋肉を収縮させる事でレンズの厚みを調整して焦点を定めています。

    本来、人間の眼はリラックス状態の時は、遠くへピントが合うように作られています。つまり、近くを見るときは眼の周りの筋肉が緊張した状態になり、眼に負担のかかった状態であると言えます。ピントの合わないコンタクトレンズや、眼鏡を使い続けると、眼の周りの調整する機能がが弱り、さらにピントが合わなくなるのです。

    本来、眼の働きをサポートしてくれるはずのものが、眼の機能を低下させ、さらに視力の低下が進んでしまうのです。

  • 視力低下の原因:⑥ドライアイ

    視力低下の原因:⑥ドライアイ

    ドライアイとは、涙の分泌量が少なかったり、涙の安定性が悪いため、角膜が乾燥して傷ついたり、疲れ眼などの不快な症状が出る疾患のことです。

    原因には色々ありますが、代表的なものにコンタクトレンズの使用があります。また、エアコンでの涙の蒸発や、ゲームや、PCに集中してまばたきの回数が減り、涙の量が減ってしまうことも要因の一つと言えます。

    正常な眼の場合、眼の表面を涙がしっかりと覆っており、表面が滑らかになっています。

    そのため、眼に入ってきた光は乱れることなく眼の中に入って来るのです。そして、眼の奥にある網膜に像が写り、はっきり見ることができるのです。

    ドライアイの眼は、涙が少ない状態なので凸凹しており、光は曲がりながら、乱反射して眼の中に入ってきます。曲がった光だと網膜にはっきり像が映らずぼやけてしまいます。これが、ドライアイの視力低下なのです。

  • 視力低下の原因:⑦加齢による視力低下

    視力低下の原因:⑦加齢による視力低下

    歳を重ねるごとに眼の見え方が変化していきます。

    眼の水晶体が加齢により白濁し、レンズが濁ってしまうと外からの光が乱反射し、焦点が合わなくなります。その結果、物が見えにくくなり、正常な水晶体と比べるとまぶしく感じるなどの症状が現れます。

    白濁が進行すると黄変化し、全てが黄色がかって見えるようになり、さらに視力低下となってしまいます。

  • 視力低下の原因:⑧親からの遺伝

    視力低下の原因:⑧親からの遺伝

    視力低下の原因の一つに親からの遺伝の可能性もあります。

    はっきりとわかってはないそうですが、眼の構造や組織なども遺伝している場合が多く、両親が近視だった場合、子供が近視になる確率は8倍。片親が近視だった場合は2倍の確率で子供が近視になる可能性があると言われています。

    また、長時間のゲームやテレビ鑑賞等、親の悪習が子供に影響し、親子ともに視力が悪くなっている場合もあるのです。

  • 視力低下の原因:⑨視力低下を伴う病気

    視力低下の原因となる病気は「白内障」や「網膜剥離」など考えられるだけでも沢山あります。

    急な視力低下や、眼がチカチカして視界がわるくなったなどの症状は、できるだけ早急に専門医の受診をおすすめします。

「正視」「近視」「遠視」「乱視」の違い

次に、「正視」「近視」「遠視」「乱視」について説明していきます。

なんとなく知ってはいるけど、しっかり理解できている人は少ないのではないでしょうか。では、見ていきましょう。

  • 正視

    正視

    正視とは、外から目に入った光がピッタリ網膜(カメラでいうフィルム)にピント(焦点)が合っている状態で、遠くのものがはっきり見える、いわゆる眼が良い人の眼です。

    近くの物を見るときは、水晶体を膨らますことによって焦点を網膜上に結び、あらゆる距離のものをはっきりと見ることができます。

  • 近視

    近視

    近視とは、外から目に入った光が網膜より手前でピントが合ってしまうことで、遠くのものがぼやけ見えにくく、近くのものははっきり見えます。

    近視で多くの場合は、眼軸長と呼ばれる眼球の端から、光の交わる点までの距離が長いため網膜上で焦点があいません。ぴんとの交わる位置が水晶体に近くなるほど、近視の度数が強くなるのです。

  • 遠視

    遠視

    遠視とは近視とは逆に、外から目に入った光が網膜より後ろでピントが合ってしまう状態のことを言います。

    遠視の人は近くを見るときも、遠くを見るときも、過剰にピントを合わせる調整を続ける必要があり、眼精疲労(眼の疲れ)を起こしやすいと言われています。

    若年層の遠視の場合、中高年層の方と比較するとピントを調整する力があるため遠視であることを気づかず、歳をとってから遠視に気づく方も多いといわれています。

  • 乱視

    乱視

    乱視とは、外から目に入った光が一点に集まらず、ものがゆがんで見えたり、何個も重なって見えたりします。

    これは、水晶体や、角膜のカーブが違っていて、それぞれのカーブで焦点を合わそうとしてしまうのが原因です。

    乱視の場合も遠視同様に、近くも遠くも見えにくく、眼精疲労(眼の疲れ)を起こしやすいと言われています。

どうでしたか?「私、もしかして乱視じゃない?」「ちょっと近視っぽいかも」なんて方もおられるのではないでしょうか。

視力が回復する5つの方法

次に、視力回復する方法を見ていきましょう。

全ての方法を行う必要はありません。あなたに合った方法が見つかれば幸いです。

  • 視力回復方法:①視力回復トレーニング

    この視力回復トレーニングは、近くと遠くを交互に見るだけの簡単なトレーニングなので、どこでも誰でも実践することができます。

    仕事中のビジネスマンやゲームローディング中のゲーマーの方も、隙間時間に実践してみてください。

    視力回復方法:①視力回復トレーニング
    • 1.まず、眼から30~40cmくらいのところにピント(眼の焦点)をあわせます。
    • 2.部屋の一番奥に見える対象物にピント(眼の焦点)をあわせます。

これを、1日のうち数分ずつ繰り返してください。

コンタクトレンズや、メガネを着けている人でも、そのままやってもらって大丈夫です。

このトレーニングをすることで目の筋肉を鍛えられ、視力低下の予防や改善に効果があると言われています。

  • 視力回復方法:②眼精疲労のツボマッサージ

  • 眼の周りには、眼のピントを調整する毛様体筋の緊張をほぐすツボがたくさんあります。

    これらは眼精疲労や視力の低下改善などを予防してくれる効果があると言われています。仕事中やゲーム中、ちょっと手が空いた時にツボをマッサージして刺激してあげると良いでしょう。

  • 視力回復方法:②眼精疲労のツボマッサージ
  • 魚腰

    • 場所:眉毛の真ん中あたりの凹みがある部分。
    • マッサージの方法:小さな円を描くように刺激して筋肉をゆるめてあげましょう。上に向けて押すのが効果的です。
    • 効果:眼精疲労の他、眼のむくみやたるみ、頭痛。
  • 天応

    • 場所:眉頭から2〜3mm下の凹みがある部分。
    • マッサージの方法:両手を軽く握り親指を左右の天応に当てて強めに押しもんでください。
    • 効果:ドライアイや眼の充血を解消。
  • 清明

    • 場所:目頭の内側やや上方のくぼんだ部分。
    • マッサージの方法:親指と人差し指でつまむように押してください。
    • 効果:疲れ目、眼のかゆみ、頭痛他、鼻水鼻詰まり。
  • 四白

    • 場所:目の真下の頬骨の凹みがある部分。
    • マッサージの方法:力を入れすぎず、押さえるように優しく押してあげましょう。
    • 効果:眼精疲労、視力回復、頭痛や偏頭痛。
  • 太陽

    • 場所:眉尻と目尻をつなぐ線の中央から外側にたどって行き、くぼんでいるところ。要はこめかみです。
    • マッサージの方法:左右同時に親指で外側に向かって刺激してあげましょう。
    • 効果:眼の充血、老眼、かすみの他、頭痛や顔面神経痛等。
  • 効果は人によってそれぞれです。自分に合ったツボを見つけられると良いですね。

  • 視力回復方法:③ガボール・アイ / ガボールパッチ

  • ガボール・アイとは幾何学模様(ガボールパッチ)を使って行う視力回復法の事で、開発したのはノーベル物理学賞受賞者であるデニス・ガボール博士です。もともと、視力回復のために開発されたものではなかったようなのですが、脳の視覚情報を扱う部分に作用するのだそうです。

    ガボール変換した画像を読取る訓練をすると、視力の改善が見られる事がわかっているそうです。なぜ視力が回復するのかというと、眼が捉えたものを処理している脳の機能を高めるそうです。その結果、近視や老眼にも効果があると言われています。

    毎日ガボール・アイを少しづつ行う事で、安全で簡単に視力の回復が期待出来るのです。

  • 視力回復方法:④栄養素

  • 偏食の方や、ダイエット中のあなたは特に注意が必要です。バランスの良い食生活は、あなたの視力を回復させる力があります。

    それでは視力回復の手助けとなる食べ物を紹介していきましょう。

  • ルティン

    ルティン

    ルティンは、私達の体に存在している栄養素で、眼の黄班部に多く存在しています。

    ルティンの黄色色素成分は、パソコンやスマートフォンなどから発せられる、ブルーライトや紫外線を吸収する働きがあると言われています。

    長時間のゲームや、TV鑑賞、スマートフォンの操作でブルーライトを浴び続けると、網膜がダメージを受け、眼の疲れ、睡眠障害等引き起こす可能性があるのです。

    ルティンは、ケール、モロヘイヤ、ほうれん草、小松菜、ヨモギ、パセリ、バジルなどの緑黄色野菜に多く含まれる栄養素です。

    どうしてもブルーライトが気になるゲーマーのあなたへ、ブルーライトを38%カットしてくれるメガネ「ゲーミングメガネ」をおすすめします。詳細はこちら

    ゲーミングメガネ BGG-01

    ゲーミングメガネ BGG-01

    この製品を見る
  • DHA(ドコサヘキサ塩酸)

    DHA(ドコサヘキサ塩酸)

    DHAは血液をきれいにしてくれる栄養素です。

    摂取することで目の周りに新鮮なサラサラの血液が流れるようになります。そうすることで、毛様体筋の緊張がほぐれ、ピントが合いやすくなるとも言われています。

    DHAは視力改善、ドライアイの予防、近視や、網膜機能の改善、ピント機能の低下予防にも効果があると言われています。

    DHAは青魚を食べることで摂取する事ができます。とくに大衆魚と呼ばれるサンマ、イワシ、アジは、手頃な価格で手に入るため、魚を食べる習慣づけとしても、良いのではないでしょうか。

  • ビタミンB

    ビタミンB

    ビタミンB群は炭水化物やタンパク質などの代謝を助けてくれます。筋肉疲労回復のビタミンとしては有名ですが、眼の疲労回復としても有効な栄養素です。

    ビタミンB群の中でも、ビタミンB1とB12は視神経の活動を活発にしてくれるビタミンと言われ、視力低下を防ぐ働きもあると言われています。

    ビタミンB1が多く含まれる食材は、豚肉、そば、マダイ、玄米ごはん。ビタミンB12が多く含まれる食材は、かき(貝)、あさり、さば、ほたて、ホッケ、しじみなどがあります。

  • カルシウム

    カルシウム

    カルシウムは、眼球の形成やピント調整に必要不可欠な栄養素です。

    しかし、カルシウムは不足しがちな栄養素であるため、成長期の時期は、骨の形成に大量のカルシウムが必要となり、ピント調整にまで栄養がまわらず視力が低下しやすいと言います。

    また、糖分の過剰摂取も、カルシウム不足を引き起こす原因となります。過剰に摂取したその糖分が体内のカルシウムを溶かしてしまうのです。

    カルシウムは、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品や、骨ごと食べることのできる小魚、豆腐や納豆などの大豆製品、海藻類などに多く含まれています。

  • マグネシウム

    マグネシウム

    マグネシウムも眼精疲労に必要な栄養素の一つです。

    網膜の色素を保護し、眼の血液循環を一定に保ってくれるそうです。

    マグネシウムは、アーモンドなどの種実類、魚介類、海藻類、豆類などから摂取することができます。

    • 視力回復方法:⑤視力回復手術

    • 視力を回復させることのできる手術はいくつかありますが、大きく分けて2つあります。

      一つは誰でも一度は耳にしたことのある「レーシック」。もう一つは「ICL」というものです。

    • レーシック

      • 角膜を削って、角膜のカーブを変えることにより屈折異常を矯正する手術方法
    • ICL

      • 角膜を削らず、眼の中にやわらかいコンタクトレンズを入れて、近視や乱視を矯正する方法
    • それぞれ、メリット・デメリット、適合・不適合がありますので、まずは専門医へご確認ください。

まとめ

今回は視力回復の方法をいろいろ紹介させていただきました。

個人的に意外だったのは、眼には多くの酸素が必要だということでした。

また、視力が低下する原因には、生活習慣も大きく影響しているため、日々の生活習慣を見直す事で視力改善が見込める事もわかりました。

私も視力が悪くなってきているので、まずは下記の4つを実践してみたいと思います。

    • 1.ゲームや、PC、スマホなどで眼を酷使しない。
    • 2.その際に姿勢を良くしておく。
    • 3.意識的に深呼吸する。
    • 4.できるだけストレスは発散する。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。