エイム精度を引き上げろ。
エイミングデスクで後傾姿勢を作る方法。

エイム精度を引き上げろ。エイミングデスクで後傾姿勢を作る方法。

この記事では、より高いレベルのエイムを求めるゲーマーを対象に、“エイミングデスク”を使った後傾姿勢の作り方を解説しています。

エイム精度を上げるコツとして「特定のゲーム/シーン別での練習方法」「デバイスの選び方と設定方法(ハイセンシ/ローセンシ・・・他)」といった話はよく聞くのですが、操作時の「フォーム(姿勢)」について語られることはこれまであまりありませんでした。ゲームでもなく、デバイスでもなく、あなた自身の身体と向き合うことで、エイムの可能性を突き詰めてみましょう。

目次

そもそもエイム(AIM)とは何か

そもそもエイム(AIM)とは何か

主にFPSにおいて、標的を撃ち抜く一連のマウス操作のことをエイム(AIM)と言います。ただ照準を合わせるだけでなく、より速く、より正確に標的を撃つ必要があり(もたもたしてるとやられます)、多くのプレイヤーが日々このエイム技術の上達に励んでいます。エイムは普通、①標的を発見/先回りする→②照準を合わせる→③撃つ(クリックする)の3ステップで行います。どれかひとつでも苦手があるとダメで、例えば②照準を合わせる技術が高くとも、①標的の発見が遅いと意味がなくなってしまいます。

エイム上達のカギはフォーム

FPSの勝敗を分けるエイムの技術。効率よく上達するにはどんな練習をすればいいのでしょうか。スポーツをヒントに考えてみましょう。

私は小学生からサッカーをしています。はじめのころは、まわりと比べて明らかに上達の遅い子供でした。いくら練習しても狙ったところにボールが飛んでくれません。見かねたコーチがある日、「正しいフォームで練習するように」とアドバイスしてくれました。注意ぶかく観察してみると、確かに上手な選手はみなフォームが綺麗なのです。自然な体勢で無理なくボールを蹴るから、「ズバッ」とまっすぐ飛んでいきます。ただがむしゃらに数をこなすのではなく、自分に合った正しいフォームで練習することが上達の近道なのだと理解した瞬間でした。

フォームが大事。これはFPSの世界でも同じと思っています。くり返し練習すれば誰でも今よりは上手になります。脳や筋肉がそのゲームに慣れるからです。でももし、まわりと比べて明らかに自分の成長が遅いと不安になったら?もっと少ない時間で上手くなりたいと思ったら?そのときにカギになるのが、自分に合った正しいフォームで練習するということなのです。

ほとんどのゲーマーが前傾姿勢でプレイしている

椅子に座る(机に向かう)フォームには大きく2種類あります。多くのゲーマーが使っていると思われる「前傾姿勢」と、バウヒュッテがおすすめしたい「後傾姿勢」です。

多くのゲーマーが採用する「前傾姿勢」

多くのゲーマーが採用する「前傾姿勢」

多くのゲーマーが採用する「前傾姿勢」

まずは前傾姿勢から見ていきます。机に紙を置いて文字を書くときの姿勢もこれです。「いつもの姿勢だから慣れている」というのが前傾姿勢の最大のメリットです。ただ、これがエイムにおける正しいフォームなのかと言われると疑問が残ります。まず側面の画像ですが、ヒジが身体より大きく前に出ることで、椅子と背中の間に空間ができていることが分かります。特にFPSのような没入感の高いゲームでは、熱中するとどんどん姿勢が前のめり(猫背)になっていきますので、首や背中への負担が大きく、長時間プレイにはおすすめできません。もう一点、正面画像を見てください。ワキやヒジが開き、腕が伸びていることが分かりますね。この状態では、肩や腕のふらつきが手先に伝わり、エイム精度を落とす一因になり得ます。

バウヒュッテおすすめ「後傾姿勢」

バウヒュッテおすすめ「後傾姿勢」

バウヒュッテおすすめ「後傾姿勢」

アームレストで簡易的な後傾姿勢を作る方法

アームレストで簡易的な後傾姿勢を作る方法

前傾姿勢で判明した「猫背になりがち」「腕が伸びきる」といった課題は、後傾姿勢で対策することができます。ゲーミングチェアのアームレストを活用し、簡易的な後傾姿勢を体験してみましょう。画像のように、デスクと同じ高さにアームレストをセットし、天板の延長のようなイメージで腕を乗せてみてください。前傾姿勢と比べて、身体全体がやや後ろに下がった感じがしませんか?この状態で1時間ほどプレイしてみてください。操作しやすい、疲れにくいと実感するようであれば、あなたには後傾姿勢の適正があると思われます。

※上下昇降に対応したアームレスト、または高さ調整が可能なデスクが必要です。

エイミングデスクで完全な後傾姿勢を作る方法

エイミングデスクで完全な後傾姿勢を作る方法

※動画で使用している昇降式L時デスクはエイミング専用タイプではありません。

昇降式L字デスクラージ BHD-820H-BK

簡易的な後傾姿勢が気に入ったあなたには、バウヒュッテの通称エイミングデスク(昇降式L字デスクラージ BHD-820H-BK)が絶対的におすすめです。簡単に言うと椅子の右横に設置するサイドデスクなのですが、アームレストだけでは不可能な完全な後傾姿勢に対応します。画像の通り、ヒジが身体の真横にくることで、背中をピタっと椅子に預けることができるようになります。画像では割愛していますが、ヘッドレストもしっかり首裏にフィットします。正面画像はどうでしょうか。ワキが閉まり、ヒジが折りたたまれています。これにより腕をしっかり固定したエイムが可能になります。

2つのフォームの違いをgif動画で確認しておきましょう

エイミングデスクで完全な後傾姿勢を作る方法

究極の後傾姿勢。エイミングデスクで寝たまま操作する方法

究極の後傾姿勢。エイミングデスクで寝たまま操作する方法

究極の後傾姿勢。エイミングデスクで寝たまま操作する方法

たいていのゲーミングチェアには「リクライニング」という、背もたれを後方に倒す機能がついています。高さを低めに設定したエイミングデスクと組み合わせると、寝たまま無理なくマウス操作が可能になります。精度の高いエイムを行うのはさすがに厳しいですが、休憩しながらプレイ動画や攻略サイトを閲覧にするには十分です。

ツイッターでも注目を集めた寝ながらゲームは、専用ページで特集しています。
寝ながらパソコンができるデスクを予算10万円で構築する術

【番外編】代表的なマウスの持ち方3パターン

【番外編】代表的なマウスの持ち方3パターン

フォームつながりということで、最後に「マウスの持ち方」も知っておきましょう。3パターンあり、それぞれにメリット/デメリットがあります。自分のニーズに合う求める持ち方がどれで、実際はどの持ち方をしているのか。改めて考えてみましょう。参考までに、私は前傾姿勢の場合は安定感のある「かぶせ持ち」が多いのですが、後傾姿勢の場合は、腕が安定しやすいので「つかみ持ち」を使うことが多いです(というか無意識にそう使い分けている感じです)。

マウスの持ち方 メリット デメリット 採用率※
かぶせ持ち マウス移動が安定しやすい クリック速度が低下しがち 44%
つかみ持ち かぶせとつまみの中間 16%
つまみ持ち クリック速度が上昇しやすい マウス移動が不安定になりがち 10%

※バウヒュッテ公式ツイッター(@bauhutte)で実施したアンケートより。かぶせ持ちが主流ですが、「意識したことはない/よく分からない」人も多いようです。たった3つしかないことですし、もっともしっくりくるスタイルを見つけておきましょう。

撮影協力

Razer Basilisk – FPS Gaming Mouse を撮影用備品としてお借りしました。
備品協力:MSY株式会社(国内唯一のRazer公認販売代理店)

Razer Basilisk - FPS Gaming Mouse

Bauhutteゲーミングコンテンツ

ゲーミングデスク構築に使えるアイテム集