昇降式ブックシェルフ BBS-600M-BK

昇降式スピーカースタンド

昇降式スピーカースタンド

天板が75~105cmの範囲で昇降し、
“耳の高さ”にゲーミングスピーカーを設置できるスピーカースタンドです。
デスク周りのサウンド強化におすすめです。

購入

Gallery
Function

コンセプト

デスク周りのサウンドを強化しよう

数あるゲーミングデバイスの中でも、
ゲーミングスピーカーを持て余している人は多いのではないでしょうか。

① 意外と大きく、重く、設置場所に困る
② 間違った位置に置くと、サウンドの迫力が失われてしまう
③ サブウーファーを床に置いたら、騒音で苦情が来た

これらの問題をスムーズに解決しつつ、
バウヒュッテらしい機能性を備えた昇降式スピーカースタンドが
BHS-250/400SP-BKです

ゲーミングスピーカーとは

RGBで派手にライティングされたルックス、ゲームサウンドの再生に特化したスペック構成など、
世界観と性能の両面でゲーム環境を盛り上げるスピーカーです。

他のゲーミングデバイスと同じく、一般的なPCスピーカーと比べてサイズが大きく、
価格も高額となる傾向があるため、それ相応の設置場所を与えてあげたいところです。

ゲーミングスピーカーとは

機能まとめ

卓上使用向けの小型~中型ゲーミングスピーカーを設置できます。

昇降式天板による高さ調節機能により、
ゲームサウンドがより生々しく聴こえる「耳の高さ」にスピーカーを設置することが可能です。

機能まとめ

耳の高さにスピーカーを設置する

昇降式天板による高さ調節機能により、
ゲームサウンドが生々しく聴こえる「耳の高さ」にスピーカーを設置することができます。
※天板は床から75cm~105cmの範囲で昇降可能です。

耳の高さにスピーカーを設置する

ゲーマーのスピーカー問題

多くのゲーマーが「デスクの上」にスピーカーを直置きしているようですが、
この設置方法だと、①スピーカー本来の“良い音”が聴こえない、②デスクの作業スペースを圧迫する、
といった問題があり、あまり好ましくはありません。

正三角形がダメなら二等辺三角形

スウィートスポットを探せ

ゲーミングスピーカーの設置で重要なことは、あなたと左右のスピーカーとで「大きな正三角形」を作ることです。

スピーカーを耳の高さに調整し、この正三角形を意識して設置することで、
そのスピーカー史上最高のサウンドが堪能できる「スウィートスポット」を作り出すことができるのです。

スウィートスポットを探せ

正三角形がダメなら二等辺三角形

部屋の設置スペースによっては「綺麗な正三角形が作れない」という方も多いでしょう。

その場合は、二等辺三角形を意識するようにしてください。
あなたから見て、左右のスピーカーまでの距離と角度を等しくすると、バランスの取れたサウンドを維持することができます。

正三角形のレイアウト例

サブウーファーを設置する

迫力ある低音再生に欠かせないサブウーファーですが、
サイズが大きく重量もあるため、どこに置くか悩ましいデバイスでもあります。

昇降式スピーカースタンドBHS-400SPでは、足元にサブウーファー専用の収納棚を設けていますので、
①机上に置くと邪魔、②床に直置きすると階下への騒音が心配、といった問題をまとめて解決することができます。

サブウーファーを設置する サブウーファーを設置する

コントロールボックスを設置する

天板下のメッシュ棚にはスピーカーのコントロールボックスを設置することができます。
ゲーム機を収納するのもおすすめです。

コントロールボックスを設置する

無段階に高さが調節できるメッシュ棚

2階部分の棚は目の細かいファインメッシュを採用しています。

音響的には、板状の棚と比べて、サブウーファーから広がる音波を阻害しにくいメリットがあります。
無段階の高さ調節が可能ですので、設置したい物や機材に合わせて昇降させてください。

無段階のメッシュ棚

設置できるスピーカーサイズ

卓上使用向けの小型~中型ゲーミングスピーカーを設置できます。
中段のメッシュ棚は高さ調節が可能ですので、収納サイズは変化します。

設置できるスピーカーサイズ

天板ごとの耐荷重

耐荷重の範囲内であっても、設置するスピーカーの形状や設置位置によっては転倒しやすくなる場合があります。
使用開始前にスタンド全体のバランスが取れていることを確認してください。

天板ごとの対荷重

天板面積 約34%アップ

ゲーミングデスク BHD-1200M と併用した場合、天板面積が約34%アップします。
特にゲーミングスピーカーをデスクに設置している方にとっては、大幅なスペース節約につながります。

天板面積 約34%アップ

デスクと同じ天板加工

昇降式PCデスクシリーズと同じ天板の質感、R(※)に仕上げていますので、
自然なトータルコーディネートが可能です。

※天板角の「丸み」の角度

デスクと同じ天板加工

ストッパー付きキャスター

キャスター付きで、スピーカー設置位置の調節や床掃除もらくらく行えます。

ストッパー付きキャスター

ゲーマーズ・ビッグヒル

大小さまざまな天板を異なる高さに調節し、各種デバイスの性能を最大限に引き出すレイアウトです。

このレイアウトの詳細は、予算10万円。ゲーミングデスクの最強レイアウトをご確認ください。

ゲーマーズ・ビッグヒル

ゲーミングシアター

天吊りプロジェクタースタンド部屋ごとベッドラグと組み合わせ、自室をまるごとゲーミングシアター化する究極のレイアウトです。

ゲーミングシアター

撮影協力

AVerMedia

2.1ch ゲーミングスピーカー(BALLISTA バリスタ GS315)をお借りしました。
※現在は生産終了製品

AVerMediaの公式ページを見る

撮影協力
Spec
カラー
ブラック
寸法
BHS-250SP:幅250mm × 奥行250mm × 高さ750mm(750~1050mm)
BHS-400SP:幅400mm × 奥行400mm × 高さ750mm(750~1050mm)
重量
BHS-250SP:5.0kg
BHS-400SP:8.4kg
耐荷重
メッシュ棚板、底板:各20kg
天板:5kg
総耐荷重:45kg
希望小売価格
オープン価格
JANコード
BHS-250SP:4589946140354
BHS-400SP:4589946140347
カートン入数
1
梱包サイズ
BHS-250SP:W270 × D430 × H145mm 約0.6才
BHS-400SP:W420 × D440 × H140mm 約0.9才
梱包重量
BHS-250SP:5.5kg
BHS-400SP:9.1kg
表面加工
メッシュ棚板、ポール:エポキシ粉体塗装
材質
メッシュ棚板、ポール:スチール
天板、底板:MDF

Size

※一部製品に貼付されている品質表示ラベルの表記と当寸法図のサイズに相違あるものがございますが、当製品ページに掲載されているものがより正しい数値となります。
※表記サイズは規定値です。個体により若干の誤差があります。