ヘッダーイメージ
ホーム > オフィスチェアの豆知識 > 
ピックアップポイント


机の高さと、椅子の座面の高さの関連性・選び方


あなたの身体に合った「椅子の座面」「机の高さ」

足が床から完全に浮いてしまうほど高い座面は、太ももの血行を悪くする恐れがあり、お勧めできません。椅子に深く座っても、かかとが浮かない程度の高さが良いとされています。

身長から「椅子の座面高」「机の高さ」を求めます
身長を
入力してください。
座面高(A) 机の高さ(B)
 cm  cm  cm
 ※あくまでも目安となります。

■人間工学上の計算式
座面高=身長×0.25−1  ※170cmの場合:41.5cm
机の高さ=身長×0.25−1+身長×0.183−1  ※170cmの場合:71.61cm
机の高さと、椅子の座面の高さを示す図

ただし用途の違いにより選ぶ椅子の高さ・座面高も変わってきます。家庭でゆったりとリクライニングを倒して、テレビや音楽でも楽しみたい、という方はこの限りではありません。また足つきが悪い場合は、足元に足置き台やクッションを置いて足がしっかり床に付くように確保するのも1つの方法です。

■座面が低い製品




机の高さから算出する理想の座面高(計算式)

オフィスチェアをはじめとするデスクチェアに限ると使用する机の高さは無視できません。
ここでは机のサイズを基準にした椅子の座面高を算出する方法を紹介します。

先に述べたようにご自身の体格のみで椅子を選定してしまうと机に向かったときにかえって姿勢が悪くなってしまう可能性があります。
椅子と一緒に使用する机のサイズもしっかりと把握しましょう。

机に向かう際の正しい姿勢は、椅子に座り背筋を伸ばした状態で机に腕を置いたとき、手首から肘までの角度が地面と無理なく水平になるくらいがちょうど良いとされています。

【理想の座面高を求める公式】
1.机の高さと椅子座面高さの差(差尺)を体格から算出します。
差尺[cm] = 座高[cm] ÷ 3 − 2〜3[cm]

2.机の天板の高さと差尺から理想の座面の高さを算出します。
理想の座面高[cm] = 机の天板の高さ[cm] − 差尺[cm]

例えば、机の天板の高さが70cmで座高が90cmの方の場合は下記のようになります。
差尺[cm] = 90[cm] ÷ 3 − 2〜3[cm] = 27〜28[cm]
理想の座面高[cm] = 70[cm] − 27〜28cm = 42〜43cm

この方の場合、座面高が42〜43cmくらいの椅子が理想であるというひとつの基準として参考にしてください。
※青地部分は例で記載している数値です。

差尺、座面高、座高、机の天板の高さの位置を示す図

ただしこの高さを意識して椅子をお選びになった場合、「肘掛がついていて、椅子を机に収納できない」ということが起こり得ます。 「座っていないときは椅子を机に収納したい」とお考えの方には、下記の製品をお勧めします。机や椅子の省スペース化にお役立てください。

[ 肘掛けを取り外して使用出来る製品 ] [ 肘掛け上下調整可能な製品 ]





ボタン