エクササイズデスク BGD-780

エクササイズデスク

エクササイズデスク

「動ける人は、仕事もできる」
フィットネスバイク機能を搭載したPCデスクです。
健康に、ダイエットに、ストレス解消に…作業をしながら気軽にエクササイズ。
8段階の負荷調節、机の高さやサドル位置も調節可能です。

購入

Gallery
Function

コンセプト

なぜ、サボってしまうのか

私たちは、適度な運動が健康やストレス解消に良いことを何となく知っています。
詳しくは分からないけど、やらないよりはやる方が良い、とみんな思っています。
それなのに、私もあなたも、なぜこうたやすくサボってしまうのでしょうか。

適度な運動をしましょう

こう聞くと、どうしても「プライベートを削ってやるもの」と連想してしまいます。
仕事帰りにジムに通う、帰宅後に着替えてジョギングに出る、こういった努力です。

...苦痛です。

運動そのものが苦手、というだけではありません。
一番の問題は「プライベートにやらなきゃいけない」という重い義務感です。

家族と過ごす時間や、大好きな趣味の時間を天秤にかけるわけです。
めんどくさいな、疲れが残りそうだな、来週から本気を出そう…
何かと言い訳を付けて、サボりはじめます。
少なくとも、社会人になってからの10年以上、私はずっとそうでした。

適度な運動を、“オフィスでやろう”

こう言いかえれば、少しマシに感じませんか?
正直なところ、仕事も運動も、できることならやりたくありません。
どうせ嫌なら、いっしょに処理してしまえばいいんです。
「やらなきゃいけない」をプライベートに持ち越す必要はありません。

エクササイズデスクとは

エクササイズデスクは、フィットネスバイク機能を搭載したデスクです。

自転車をこぎながら、メールを書く、レポートを読む、打ち合わせをする…etc
「適度な運動」と「ルーチン業務」をまとめてオフィスで処理できます。

仕事も、健康もプライベートも。
運動場所をオフィスにするだけで、すべてが上手く回り始めます。

機能まとめ

機能まとめ

使用例

自然に運動ができるオフィスづくり

スタンディングデスクと併設するなどして、自然に運動ができるオフィスを作り。
社員の健康と能率アップを図ります。

自然に運動ができるオフィスづくり
サイクリングミーティング

身体を動かしながら話すことで、気持ちを活性化し、会議効率を上げようとする取り組みです。
考えたり会話をする必要がありますので、強度は軽めの3程度がおすすめです。

サイクリングミーティング
ストレスの解消に

ジョギングの後、頭がスッキリした経験はありませんか?仕事に行き詰まったら、適度な運動でストレスを解消しましょう。
強度を高めの6~に設定して、筋肉に負荷をかけるのがおすすめです。

ストレスの解消に
ながらダイエッターに

ネットやゲームを楽しみながら自転車をこぐ。エンジョイ派のダイエッターにおすすめです。
4~5程度の強度から始めて、毎日30分継続することを目標にしましょう。

ながらダイエッターに

床やフローリングの傷防止、騒音対策にBauhutteデスクごとチェアマットの併用がおすすめです。

自転車のカロリー消費例

条件:朝出社後に30分、夕方退社前に30分、エクササイズデスクで「漕ぎ仕事」をする。

※運動強度によってカロリー消費の効率は異なりますが、今回は時速8kg、無理なくゆっくりと自転車を漕ぐケースを想定して計算しました。
自転車の消費カロリーが計算できるサイトはWeb上にたくさんありますので参考にしてください。

自転車のカロリー消費例

ペダルの負荷調節機能

8段階の強度調節

※週一で運動している26歳男性のケースです。女性の方や体力に自信のない方は、下記の強度より1~2段階レベルを落としてみてください。

ペダルの負荷調節機能

デスク、サドルの調節機能

サドルの高さ

サドルの高さは70~83cm(昇降幅13cm)の間で調整できます。7段階の固定式です。
※サドルの高さ調節方法は取扱説明書をご確認ください。

サドルの高さ
サドルの前後

サドルの前後は40.5~50.5cm(前後幅10cm)の間で調整できます。3段階の固定式です。

サドルの前後
デスクの高さ

デスクの高さは73.5~120.5cm(昇降幅47cm)の間で調整できます。無段階の固定式です。

デスクの高さ

デスク、サドルの調節例

172cm男性の場合
172cm男性の場合
163cm女性の場合
163cm女性の場合

静音設計

周囲に迷惑のかからない静音設計です。
デスクから1mの地点で測定した場合の騒音は「55db」前後となり、
これは「静かなオフィス」とほぼ同じレベルの騒音で、
集中していないと気づかない程度の動作音です。

よりよい設置環境を求められる方には、フローリングの傷、階下への騒音などを低減するチェアマットをご利用ください。
設置スペースに余裕があるデスクごとチェアマットがおすすめです。

※騒音の感じ方には個人差があります。
オフィスに設置する場合、通常デスクが置かれている「島」から少し離して設置する、
休憩室のレクリエーションとして設置するなど工夫してください。

収納性

電源タップカゴ

デスクの裏側に電源タップやケーブル類を収納できます。

電源タップカゴ
荷物カゴ

バイク部分の後ろにカバンなどを収納できます。

荷物カゴ

デスク

幅78×奥行き58cmの天板を採用しています。
パソコン、小型テレビ、タブレット、雑誌など、さまざまな備品を設置可能。ながらエクササイズがはかどります。
※PCモニター、テレビなど揺れに弱い機器を設置する場合、落下しないよう注意してください。

デスク

Bauhutte昇降デスクシリーズ

梱包と組立について

※梱包の形状は改良のため予告なく変更する場合があります。

梱包
組立方法
  • 組立方法

    ①背部フレームに背部を取り付けます。

  • 組立方法

    ②サドルにサドルポストを取り付けます。

  • 組立方法

    ③❷で組み立てたサドルに、❶で組み立てた背部を取り付けます。

  • 組立方法

    ④ベースにデスクポストを取り付けます。ボルトは最後までねじ込まずに仮締めの状態にしてください。
    ※デスクポストにはガスが充填されていますので、取り扱いには十分ご注意ください。

  • 組立方法

    ⑤バイク部にペダルを取り付けます。
    ※右側のペダルはクランクに対し時計回り、左側は反時計回りで締めます。

  • 組立方法

    ⑥❹で組み立てたベースに❺で組み立てたバイク部を取り付けます。

  • 組立方法

    ⑦❻で組み立てたバイク部に❸で組み立てたサドルを取り付けます。

  • 組立方法

    ⑧天板を取り付けます。

  • 組立方法

    ⑨天板にバスケット(小)を取り付けます。

  • 組立方法

    ⑩バイク部後方にバスケット(大)を取り付けます。

  • 組立方法

    ⑪最後に、天板を少し上げ、❹で仮締めしていたボルトを増し締めしたら完成です。

  • 組立方法

    ⑫完成です。

Spec
カラー
BK:ブラック
WH:ホワイト
寸法
幅 780mm
奥行 1110mm
高さ
 デスク:735mm(735~1205mm)
 座面:700mm(700~830mm)
 背もたれ:985mm(985~1130mm)
重量
約42.8kg
構造部材
金属(鉄)
耐荷重
デスク:30kg未満
いす:100kg
希望小売価格
オープン価格
JANコード
BGD-780-BK-1(脚部パーツ):4589946136784
BGD-780-BK-2(天板):4589946136791
BGD-780-WH-1(脚部パーツ):4589946136807
BGD-780-WH-2(天板):4589946136814
カートン入数
1
甲鈑の表面材
合成樹脂化粧繊維板(塩化ビニル樹脂)
表面加工
脚部:エポキシ粉体塗装
椅子張り材
合成皮革
クッション材
ウレタンフォーム

Size

※一部製品に貼付されている品質表示ラベルの表記と当寸法図のサイズに相違あるものがございますが、当製品ページに掲載されているものがより正しい数値となります。